神の乳母 1話のネタバレ・感想

神の乳母 1話のネタバレ

神の乳母(かみのめのと)~異形に奪われた妻~ 1話のネタバレです。

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

 

1話「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

仕事から帰ってきた夫を優しく迎え入れる、美人な人妻。

 

彼女の名は、杉山百合恵(すぎやま ゆりえ)。29歳の専業主婦

 

夫と一人息子のユウくんとマンションで暮らしていた。

 

その日、百合恵は上の階に住む「神守(かみもり)さんがベビーシッターのアルバイトを募集しているから、引き受けてみてもいいか」と夫に相談する。

 

息子のユウくんも最近手がかからないし、今後の学費を考えると蓄えがある方が良いとの判断だった。

 

最近引っ越してきた神守さんに子供がいることを初めて知った夫だが、同じマンションの住人なら安心と妻のバイトを了承する。

 

翌日。ベビーシッターのバイトの件で話をしようと、百合恵は804号室の神守さんの家を訪ねた。

 

家の中に招き入れてくれた神守さんは、何故か喪服のような黒い衣装を纏っていた。

 

(喪服…?お葬式かしら)

 

百合恵に子供がいると知った神守さんは、それなら安心とベビーシッターを任せてくれることになった。

 

早速、今日から夕方まで子供の面倒を見ることに。

 

それでお子さんは どちらに…?

 

こちらの和室におりますわ。お顔を見せてあげてくださる?

 

はい ぜひ

 

ふすまを開けると、真っ暗な部屋の中にベビーベッドが一つだけぽつんと置かれていた。

 

何もない部屋にベビーベッドだけ置かれている光景を見て、

 

(なんだか…祭壇みたい)

 

と思いながら、ベビーベッドにいる赤ちゃんをのぞき込み挨拶をする。

 

ベビーベッドに中に居たのは異形の赤子!?

(えっ―!?)

 

そこに居たのは、人間の赤子ではなかった。

 

赤ちゃんにになり損ねたようなグロテスクな異形の姿

 

赤ん坊は、驚く百合恵の顔を見ると「ニチャ…」と薄気味悪く笑いかける。

 

(な…なにこれ!?)

 

(赤ちゃんじゃ…人間じゃ…ない!)

 

驚きと恐怖で腰を抜かして、その場に座り込んでしまった百合恵。そのまま身体が動かなくなってしまった。

 

すると、異形の子がベッドから身を乗り出し、ズルズルと彼女の方へ這い寄ってくる。

 

ふふ…紅茶のハーブが効いてきたかしら

 

神守さんが紅茶に仕込んだハーブで身体に力が入らなくなってしまったようだが、自分の方に寄ってくる気味の悪い化け物のような存在に恐怖して、そこまで頭が回らない。

 

うそ―おねがい…こないで

 

異形の子は、ズリズリと百合恵の元へ這い寄り、触手のような手で顔に触れてきた。

 

いやっ 許して… 触らないで!

 

やだ…やだやだ!助けて!あなた!いやぁあああ!

 

百合恵の大きなおっぱいに、赤子のように顔を埋めてスリスリしながら、胸をモミモミしてくる不気味な物体。

 

(何が…一体何が起こっているの…!?)

 

恐怖とパニックで身体がブルブルと震えてしまう。

 

貴方はその子の…神様のお気に召されたようね

 

神様の乳母になった百合恵。

異形の者に乳首を激しく吸われて感じ始める…

神の乳母~異形に奪われた妻~

▼この続きは本編で!▼

 

神の乳母 1話を読んだ感想「不気味でエロい!」

チンジャオ娘×達磨さん転んだの新作エロ漫画「神の乳母~異形に奪われた妻~

 

作品のテーマがエロ×ホラーと言うだけあって、1話の内容はかなり不気味な雰囲気を醸し出していました。

 

ベビーシッターのバイトを募集している、神守さん。陰鬱な雰囲気で喪服のような格好をしている謎の存在です。

 

ベビーベッドの中にいた赤子は、明らかに人間ではない者。

 

パっと見は、胎児のようにも見えるけど、触手のような物が生えていたり、明らかに異形の者です。

 

普通に赤ちゃんのベビーシッターのつもりでやって来たのに、こんな気味の悪い存在とご対面したら、そりゃ恐怖しますよw

 

ここまでの展開は、まさにホラーな感じで怖い雰囲気があって良かったです。

 

神の乳母 1話のエロシーンの見所

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

そこから、百合恵が神の乳母(かみのめのと)にされてしまい、ベビーベッドから這い出てきた気持ち悪い赤ん坊とのエロ展開が始まります!

 

赤子のように百合恵の巨乳にすり寄ったかと思うと、服の上からおっぱいをおねだりするようにチュッチュと吸い出し。

 

服をまくり上げてブラを押し下げ、プルンとした形のいい胸に唇を這わせ赤ちゃんのように激しく乳首に吸い付きます。

 

怖くて気持ち悪くて嫌悪感しかない行為に言葉で抵抗。

 

やめて…離して!

 

んっ…わたし あなたの母親なんかじゃ…んっ あぁっ

 

お お願いします 助けて… 許してください!

 

人妻が許しを請うセリフは、エロくていいですね!

 

そんな二人を残して神守さんが出掛けた後も、母乳を求めるように乳首を吸われ続けて。

 

しかし、子供を産んで何年も経っている人妻から母乳なんて出る訳もなく。

 

それでも、異形の子はヂュルヂュル激しくおっぱいにむしゃぶりつき、やがて百合恵の身体に変化が訪れて、身体が熱くなってくる

 

最初の飲まされたお茶のせいなのか?

 

必死に行為が終わるのを耐えながら、だんだんエロい喘ぎ声も漏れ出して。

 

今度は、神の子のお腹から触手のような物が出てきて!??

 

って所で、1話が終わり。2話へと続きます。

 

神の乳母 1話の感想まとめ

神の子と呼ばれる人外のキモい赤子に、若くて美人な人妻のおっぱいが陵辱される展開にワクワクしました!

 

気持ち悪いものに綺麗なものが汚される背徳感や、夫がいる人妻が人ではない何かに寝取られるシチュエーションなどがいいですね。

 

お腹の中から現れた触手の存在に期待が高まる終わり方でした。

 

不気味な雰囲気で始まり、後半は異種姦エロ展開へとなだれ込み、1話からかなり濃い内容になっていて、ストーリー的にもエロシーン的にも満足できる内容でした!

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

神の乳母~異形に奪われた妻~

▼無料立ち読みはこちら!▼