神の乳母~異形に奪われた妻~ 無料立ち読み

神の乳母~異形に奪われた妻~の無料立ち読み

神の乳母~異形に奪われた妻

神の子と交わるエロ漫画!

神の乳母~異形に奪われた妻~

▼スマホコミック版はこちら▼

 

▼R18!同人誌版はこちら▼

 

 

神の乳母~異形に奪われた妻~のあらすじ

神の乳母~異形に奪われた妻~
チンジャオ娘・達磨さん転んだの新作エロ漫画です。

 

最新作は、エロ×ホラー系異種姦モノの人妻NTRエロ!神の子と称される、人ではない不気味な何かと清楚系の童顔な人妻が交わるエロ漫画になっています。

 

同じマンションの住人の家へベビーシッターのバイトをすることになった、人妻の杉山百合恵が、胎児になりそびれたような異形の姿をした謎の赤子に陵辱され、イカされまくる姿がグロいけどエロい!

 

ホラー系のエロが好きな人や人外のモノに人妻が寝取られる展開や、触手エロ漫画が好きな人なんかは好みに合う作品だと思います。

 

神の乳母を広告などで見かけて興味を抱いた人は、無料立ち読みからどんなエロいマンガなのか読んでみてください。

 

へその緒らしき触手に犯される美人人妻が激エロ!

▼無料立ち読みはここから▼

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

神の乳母~異形に奪われた妻~のネタバレ

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

神の乳母~異形に奪われた妻~ 1話~最終回の7話までのネタバレ一覧です。

 

神の乳母 1話ネタバレ

「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…

美人で若い人妻・杉山百合恵が上階に住む住人・神守のベビーシッターのアルバイトを始めることになった。

 

神守に案内され、薄暗い部屋の中のポツンと置かれたベビーベッドの中をのぞき込むと、グロテスクな人間でも赤ちゃんでもない異形の何かが横たわっていた

 

異形の赤子は、ベッドからズルズルと這い出て、百合恵の母乳を飲むかのようにチュッチュとおっぱいを吸い出して…。

 

>>続きを読む

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

神の乳母 2話ネタバレ

「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました

人間ではない何かは、百合恵の巨乳を貪り続ける

 

すると、お腹からへその緒のような気味の悪い触手が生えてきた

 

必死で抵抗する百合恵にお構いなしに、への緒の触手は勃起するように伸びて下着の上からクリをスリスリと撫でさする。

 

下着の中まで潜り込んだ触手は、膣穴を探り当ててズブっと進入してきた。

 

子宮口まで激しく責められ、怖いのに気持ち良くなってしまい潮を吹きながら激しくイってしまって…。

 

>>続きを読む

 

神の乳母 3話ネタバレ

「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母

神の乳母に選ばれた百合恵は、この役目を放棄すると家族にも危害が加わると神守から脅されて、毎日神の子のベビーシッターをすることになってしまった

 

最初の頃より一回り大きくなった異形の者は、百合恵の体によじ登ると乳房にしゃぶりつく。

 

気持ち悪いと思いながらも何故か身体は熱く火照ってしまい、胸を強く吸われただけで軽くイってしまった。

 

快感で濡れてしまったアソコに匂いに誘われるように、へその緒から触手が伸びて来る。

 

何度も犯され足腰が立たない状態になっても、神の子は百合恵を背後から犯し続ける

 

触手に子宮口を舐め回され、必死に抵抗するがついに子宮口の中まで触手が侵入してきて…。

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

神の乳母 4話ネタバレ

「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻

異形の赤子に毎日授乳を続ける百合恵

 

神の子は、百合恵と交わりながら大きく成長していく。

 

昼間は異形の餌。しかし、夜になるとお役目から解放され家族の母に戻ることができた。

 

しかし、ある夜。何かの気配を感じて目覚めると、壁を伝って神様が現れた。

 

 

窓から侵入してきた神は、ベッドの中へと潜り込んできた。夫が眠る横で妻を犯し始め、ゆっくり焦らすように触手を動かす。

 

イクことができず、生殺しのような快感に耐えられなくなった百合恵は、「もっと気持ちよくしてください」と自ら懇願し始めて―。

 

神の乳母 5話ネタバレ

「しょうのない子…もう少しだけよ」玄関越しに夫と会話しながらイかされて

眠る夫の傍でバケモノに犯され絶頂してから数日が過ぎ。

 

未だに神の乳母の役目を果たし続ける百合恵。

 

神の子は更に成長して、だんだんと人間に近づいてきた。そのせいもあってか、最近はこの異形の神に対してあまり恐ろしさを感じず、むしろ愛おしさすら覚えるようになってきた。

 

今日も我が子を抱くような気持ちで、おっぱいを捧げる。最近は、百合恵自身の身体にも変化が訪れて、以前は出なかった母乳が出るようになった。

 

身も心も神様に捧げた百合恵。

 

今日も何時間も神と交わった後、時間になり帰ろうとするが、何故か執拗にSEXを迫られて、玄関先でも触手に犯され続ける。

 

玄関のドア前で触手に責められている最中に、突然玄関のチャイムが鳴った。帰りが遅い妻を心配した夫が迎えにやって来て―。

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

神の乳母 6話ネタバレ

「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為

神の乳母と交わり成人男性よりも成長した異形の者

 

へその緒から出ていた触手も人間男性の雄々しい男性器へと成長を遂げていた。

 

百合恵は四つん這いになりお尻を高く落ち上げながら、自分より何倍もの大きさになった異形の神と性交を行う。

 

触手の時とは異なり、硬くなった男性器は膣内を押し広げるように強引に侵入して奥まで貫いた。

 

激しく子宮口を穿つ行為は、今までの愛液をねだるような動くではなく、メスを征服するオスの交尾そのものだった。

 

そして、快感の絶頂に達した神の子は百合恵の子宮の中へたっぷりた濃厚な体液を注ぎ込み―。

 

神の乳母 7話ネタバレ

「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になる

布団を敷いて仰向けになった百合恵は、自ら神の巨体を受け入れる

 

神の乳母として役目を果たすうちに、人ではない何かに対して我が子のような愛情を抱くようになっていた。

 

彼への愛おしさから、舌を絡めキスをする。

 

逞しい巨根に激しく突かれながら「ママに赤ちゃん産ませてぇ」とせがむ。子宮の中にたっぷりと精液を注がれ、激しくイってしまう。

 

しかし、膣内に精液を注ぎきった後も彼の行為は止まらない。

 

「いいのよ…全部出して…あなたの全部を注ぎ込んで…」

 

「ママの体内に帰ってきてぇ」

 

神の乳母~異形に奪われた妻~の感想

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

 

達磨さん転んだとチンジャオ娘のエロ漫画、第3弾になる今作品。

 

とにかくエロかったです!

 

神の子と呼ばれる異形の者の存在。初めて見た時の印象は、漫画のベルセルクに出てくる、キャスカが産み落とした赤子みたいだなって思いました。

 

胎児になりそこねたようなグロくてキモい人間ではない何か。

 

平穏に暮らしていた美人な主婦が、その異形の神との出会いにより日常が一変。

 

へその緒から伸びる触手に何度も犯されているうちに、おぞましさよりも快感が勝るようになり、次第に身も心も捧げるようになる展開が良かったです。

 

最初は、異形の神様と交わる異種姦物として描かれているのですが、次第に赤子が成長していき、百合恵自身も我が子のように神を愛すようになり、人外との交尾から母子姦セックスへと描写が変わっていきます。

 

個人的には、異種姦な触手エロが好みだったので、成長した神様の触手が成人の男性器になってしまったのは、少々残念でした。

 

触手でのフェラやパイズリシーンも見たかったなぁと。

 

でも、普通の成人男性より何倍もの大きさのある巨体でありながら、見た目は赤ちゃんと言う不気味な存在と、可憐な人妻がSEXする異様な光景は十分興奮できたので良しとします。

 

エロ描写だけでなく、ストーリーも秀逸でした。

 

最後に異形の神の正体をほのめかす結末と不穏さが残る終わり方。

 

これぞまさにホラーエロ漫画!って感じの余韻がありました。

 

曰くありげなベビーシッターのバイトから始まり、胎児の正体が分かった時の切なさと、不気味な未来を予感させる微妙に後味の悪い終わり方がホラー作品としても良く出来ていると思います。

 

エログロなだけのホラー漫画かと思いきや、ストーリー性もあり、触手に犯されて落ちていく人妻もエロくて大満足です!

 

個人的には、神の乳母のエロシーンの魅力は触手にあるので、白ボカシのモザイクが入りまくりなBookLiveコミックよりも、モザイクの少ないDMMの方が触手の動きがよく見れて良かったです。

 

特に膣内の断面描写は、DMMの方がモザイク入らないので良いですよ。

 

子宮口の中に触手が進入してくるシーンなんかは、DMMで読む方が圧倒的にエロい!!

 

BookLiveコミックの膣内断面図は、膣内全体に白いボカシが入るので、真っ白の空間の中で触手が動いてるみたいな描写になっています。

 

触手エロを求めて神の乳母を読むのであれば、DMMの同人誌版の方がモザイクの規制が緩いので圧倒的におすすめです。

 

(ただし、DMMはR18版なので18歳未満の利用は禁止になります。購入の際はご注意ください。)

 

 

DMMのサンプル画像は、本編画像よりモザイクが濃い目にかかってます。本編は、触手の規制は緩いけど、女性器は輪郭線が分からないレベルのモザイクが入ってます。

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

神の乳母~異形に奪われた妻~

▼R18!DMM版はこちら▼

 

▼BookLiveコミック版はこちら▼

 

神の乳母~異形に奪われた妻~の登場人物

神の乳母~異形に奪われた妻~の登場人物を紹介。

 

杉山百合恵(すぎやま ゆりえ)

29歳の主婦。童顔で若くて美人な人妻。夫と子供に囲まれた幸せな生活を送る中、同じマンションの住人がベビーシッターのバイトを募集しているのを見て、夕方までアルバイトを始める。

 

そこで、異形の神の子と出会い、神の乳母としての役目を押しつけられしまい陵辱の日々が始まるが、次第に神とのSEXが快感になり愛情を抱くようになる。

 

神の子

「神様」と呼ばれる謎の存在。その姿は、胎児になり損ねたようなグロテクスな姿をしている。

 

ベビーシッターに来たユリエを気に入ったのか、初対面の際に自ら這い寄り、ユリエの乳房に吸い付く。

 

へその緒から触手のようなモノが伸びて、百合恵の性感帯を捕らえ思うがままに調教する。

 

彼女の体液を栄養源として、次第に体躯が成長していくが―。

 

神守(かみもり)さん

最近引っ越してきた、百合恵と同じマンションの上階・804号室に住む住人。

 

赤ちゃんのベビーシッターの募集をしている。

 

バイトに来たゆりえをお葬式に行く時の喪服のような格好で迎え入れた。

 

どう見ても赤子ではない、人間ではない何かを「神様」と呼び、百合恵に「神の乳母」になることを脅迫まがいに命じる。

 

704号室のマンションに住む、杉山百合恵の夫。

 

妻からベビーシッターのバイトの話を聞き快諾する。

 

ユウくん

百合恵の息子。小学校入学前の幼稚園くらいの年頃の子供。

 

本編では姿を見せることはなかったが、その理由は最終話で明かされる。

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

神の乳母~異形に奪われた妻~

▼R18!DMM版はこちら▼

 

▼BookLiveコミック版はこちら▼